私たちは、2011年2月22日設立の小さな出版社です。
の活動から生まれた書籍をはじめ、人権や平和にかかわるテーマを中心に刊行していく予定です。

2017年11月17日金曜日

10月29日付「しんぶん赤旗」

相沢曜一写真集
ふるさと 川原湯 八ッ場ダム予定地の暮らし1993~2004』
10月29日(日)「しんぶん赤旗」にて取り上げていただきました。
ありがとうございました。

2017年10月31日火曜日

「法学館憲法研究所報」第17号刊行しました!

法学館憲法研究所報 第17号
刊行しました。
2017年10月31日

憲法「改正」問題の論稿を収載。

▼目次
巻頭言「憲法施行70年と憲法『改正』」浦部法穂

論稿「憲法平和主義の現状と展望——自衛隊加憲論の前提として」浦田一郎
論稿「安倍9条『改正』提案の本質的矛盾」木下智史
論稿「安倍9条改憲阻止、政権打倒の大運動を」小森陽一
論稿「安倍首相主導の憲法『改正』をいかに阻止するか」伊藤真


《無料動画配信のお知らせ》2017憲法講演会「憲法『改正』に向き合う」を開催(2017/7/16)
【資料】「安保法制違憲訴訟のこれまでの経緯と今後の予定」

この書籍は、定期購読、会員価格、まとめ買い送料無料等の割引制度があります。
詳しくは、法学館憲法研究所事務局までお問い合わせください。
メール(info@jicl.jp)かFAX(03-3780-0130)にてご連絡ください。

2017年10月11日水曜日

『ふるさと 川原湯 八ッ場ダム予定地の暮らし
1993~2004』新刊案内

相沢曜一写真集
ふるさと 川原湯 八ッ場ダム予定地の暮らし1993~2004』
刊行しました!
(2017年9月、A5版、80頁、税込1,000円)

この写真集は小社でも販売しています。ご注文はメール(hurp.edit@gmail.com)にて、氏名、住所(送り先)、電話番号、冊数をお知らせください。

こちらでも取り上げていただきました。
八ッ場あしたの会ホームページ
10月29日(日)しんぶん赤旗


 本書は、群馬県吾妻郡長野原町の八ッ場ダム「予定地」に住む人びとの、日々の生活を撮影した写真集である。












 「首都東京と利根川流域を守るため」として、1952年に計画発表された八ッ場ダム。
 水没する川原湯温泉をはじめとする地域の生活再建が、ダム着工の絶対条件として、行政は地元の再建策を打ち出した。

 70年代頃よりダムの建設地を移動し、名勝・吾妻峡の3/4は残すという妥協案を引き出したが、ダムはより集落に近づくこととなり、水没住民数は増加してしまう。
 1992年、ダム建設推進を前提とした協定書が長野原町、群馬県、建設省の間で締結された。

 2009年「時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す」とした民主党・前原国交大臣が工事中止を明言しながら、2011年12月、工事再開となったことは記憶に新しい。


きのこ狩り

 写真に写されている人びとの暮らしは、すでに失われたものだ。

 農業、林業、養蚕を中心とした産業、村祭りが盛んで、国の名勝に指定された渓谷、名湯といわれる温泉をもつこの地域で、国の政策に翻弄され、じりじりと分断され、そして失われてしまった山の暮らし。



王城山神社 だんご相撲

※幸い神社は水没を免れ、毎年8月に、
現在もだんご相撲が行われているそう。
川原湯の子どもたち


 ダム計画の存在自身が、沈むことがわかっている町を誰も発展させようとしない、大切にすることができない。そういう意味で、「自然な発展」さえ許されなかった村。











 ここにおさめられた写真は、八ッ場ダムに対する反対意見を強く主張するものはほとんどない。自然豊かな山での人びとのいきいきとした暮らしぶり、それがじっくり伝わってくる。



どんど焼き







 戦後日本がとってきた産業構造、その歪みが大きく出始めている今、立ち止まって考えるべきときが来ている。日本がとり得たかもしれない、別の選択肢、それらについて考えさせられる写真集である。







2017年4月20日木曜日

「法学館憲法研究所報」第16号刊行しました!

法学館憲法研究所報 第16号
刊行しました。
2017年4月20日

憲法「改正」問題の論稿を収載。

▼目次
巻頭言「憲法施行70年を迎えて~13条、24条、9条を考える~」伊藤真

論稿「民主主義の危機とポピュリズム」山口二郎(法政大学教授)
論稿「PKO・国際人道法を考える」伊勢崎賢治(東京外国語大学教授)
論稿「日本の死刑 —その運用の一端を契機として
         田鎖麻衣子(弁護士・一橋大学非常勤講師)
論稿「税制の抜本的改革の視点」
         浦野広明(立正大学法学部客員教授・税理士)
特別寄稿「国立マンション訴訟の憲法的考察—景観権と住民自治の原則
         藤井正希(群馬大学准教授)


この書籍は、定期購読、会員価格、まとめ買い送料無料等の割引制度があります。
詳しくは、法学館憲法研究所事務局までお問い合わせください。
メール(info@jicl.jp)かFAX(03-3780-0130)にてご連絡ください。

2016年10月30日日曜日

「法学館憲法研究所報」第15号刊行しました!

法学館憲法研究所報 第15号
刊行しました。
2016年10月30日


▼目次
巻頭言「憲法公布70年を迎えるにあたって」浦部法穂

論稿「参議院選挙後の憲法をめぐる状況と課題
  ――安保関連法とその問題点を中心に」小沢隆一(東京慈恵会医科大学教授)
論稿「辺野古基地訴訟の現状と課題
  ――憲法と日米安保の関係及び地方自治の視点から」徳田博人(琉球大学教授)
論稿「安保法制違憲訴訟の意義と憲法公布70年」伊藤真

特別寄稿「『改正』刑事訴訟法を批判する――可視化問題を中心に
   白取祐司(神奈川大学教授)


この書籍は、定期購読、会員価格、まとめ買い送料無料等の割引制度があります。
詳しくは、法学館憲法研究所事務局までお問い合わせください。
メール(info@jicl.jp)かFAX(03-3780-0130)にてご連絡ください。

2016年3月18日金曜日

『竹内敏恭写真集 石巻2002~2011』
増刷しました!
(第2刷:2016年3月、A5版、80頁、952円+税)

この写真集は小社が引き続き、直接販売しています。ご注文はメール(hurp.edit@gmail.com)もしくはFAX(03-6914-0085)にて、氏名、住所(送り先)、電話番号、冊数をお知らせください。





2016年1月20日水曜日

「法学館憲法研究所報」第14号刊行しました!

法学館憲法研究所報 第14号
刊行しました。
2016年1月20日


▼目次
巻頭言「刑事訴訟法改正案――その戦争準備法案の一つとしての本質」村井敏邦

2015憲法フォーラム
講演録「戦後日本社会における憲法秩序を問う」森英樹
講演録「人権意識を問い直す――「個人主義」のすすめ」浦部法穂
論 文「安倍政権の『非立憲主義』のリアル
    ――臨時国会召集・衆院解散・会期延長などを素材にして」水島朝穂
論 稿「国民の命と平和な暮らし」について――福島から考える」藤野美都子




この書籍は、定期購読、会員価格、まとめ買い送料無料等の割引制度があります。
詳しくは、法学館憲法研究所事務局までお問い合わせください。
メール(info@jicl.jp)かFAX(03-3780-0130)にてご連絡ください。